menu

摂理の大阪大学ブログ

CATEGORY大阪大学の思い出

暑くなってきました

  暑くなってきましたね。   暑さ慣れしてないので、   熱中症にならないよう気を付けないとです。       新型コロナウィルスに気を付けつつ   日常生活を送っていますが、   特に2~4月は様々に不安になる事も多い中   少しの時…

箕面新キャンパス 工事を進めて下さってます

2021年4月に箕面キャンパスが、新キャンパスに移転します。コロナ禍の期間も、工事を進めて下さっています。工事関係者の方々のご健康をお祈り申し上げます。現場の様子を少し写真に撮ってまいりました。             北大阪急行延伸…

手作りピザ

大阪の緊急事態宣言が解除されました。「この日を迎えることができたことは府民、事業者の皆様のご協力のおかげ。感謝申し上げたい」。いまだ感染リスクはゼロではないことを強調しながら「外出しないでくださいとは言いません。外出の仕方に気をつけていた…

大阪大学 阪下

地域に生き世界に伸びる

久しぶりに大阪大学・豊中キャンパスの阪下を通りかかりました。総合学術博物館の手前のところに、アイキャッチ画像の石の造形があり、思わず写真を撮りました。 「地域に生き世界に伸びる」懐徳堂・適塾以来の市民精神を受け継ぐこの言葉、今の大阪大学に…

摂理はカルトなのか

    もうすぐ新学期です。   一人暮らしを始める人も、実家から通う人も   準備で忙しく   ドキドキわくわくと   緊張と、いろんな気持ちがあるかもしれません。     特にお子さんが一人暮らしを始める親御さんとしては   新型コロ…

マウスー詩

灰色の小さな君よ 今日も机の上を 私の手に握られて動き回る 文句も言わず、ただ素直に 動かされるまま動いている 君の望みは何か もしかしてあの鼠のように 好きな通りに走り回りたいか それはそれで苦労が多いだろう …

カルトについて調べてみました!

「カルト」という言葉の意味について 国語辞典で調べてみました。 「狂信的な宗教集団。転じて、一部の人々による熱狂的な支持」とあり、 続けて「狂信」も調べてみると、 「理性を失って激しく信じ込むこと」とありました。 …

「言葉」について考える

最近、「言葉」について少し考えていました。 口から出た言葉、文章で書いた言葉、頭の中で考えた言葉…… さまざまな言葉がありますが、 聖書の中では語る言葉について 「おりにかなって語る言葉は、銀の彫り物に金のりんごをは…

牛舎から出る子牛のように飛び跳ねたいきさつ

旧約聖書のマラキ書に以下の聖句があります。 「しかしわが名を恐れるあなたがたには、義の太陽がのぼり、その翼には、いやす力を備えている。あなたがたは牛舎から出る子牛のように外に出て、とびはねる。」(マラキ書4章2節) …

帰省しつつ母を思いながら…

ケイです。 海外に住みながら一年以上が経ったのですが、いま日本に一時帰国中です。 年末年始には帰省するのが難しそうなので、瞬間ですが実家にも帰ろうと思っています。 帰国の道すがら、お土産何にしようかと親のことを考えていますが、…

さらに記事を表示する

カレンダー

2020年11月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930