menu

摂理の大阪大学ブログ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

東京では ソメイヨシノの開花宣言、ありましたね。

ソメイヨシノではありませんが、

近所の並木道に、小さいけれど満開に咲く桜の木があって

「ここでも咲いてる!」 ってうれしくなりました。

 

そういえば、

以前住んでいた家の近くの並木道は

八重桜がとてもきれいだったことを思い出しました。

 

季節的にはもう少し後になるけれど

ピンクの八重桜と薄い緑の葉っぱ

その下に咲いている

燃えるような赤や紫のつつじと、

濃い緑のつつじの葉っぱのコントラストが

とても美しく

幻想的で

ほれぼれしながら

歩いていたことを思い出しました。

 

その風景がまさに芸術作品。

神様が季節毎に見せてくださる芸術作品は

ほんとに素晴らしいですよね。

 

私は、花が好きなので、

花を通して

神様が創造なさった

自然万物の神秘や芸術を感じることが多くて

絵を見ていても

 

つい、「花」の絵の反応してしまう自分がいます。

 

ところで、

芸術には限界がないんだな、と感じた言葉を紹介します。

 

地球村の人々はすべて芸術家だ。

工事現場で働く人、

家を建てる仕事をする人、

道路を作る人、

歌う人、

踊る人、

道を歩いていく人の動きまでも、

それ自体が即ち芸術だ。

        摂理のチョン・ミョンソク牧師

「天のことば 私のことば」より

 

 

私達の毎日の生活も、芸術なんですね!

 

そっかあ、「私も芸術家なのかあ」ってなんだか嬉しかったです。

 

投稿者プロフィール

阪子
阪子
文系 学部卒業

在学中に摂理に出会う

趣味は美術鑑賞。

邦画と洋画どちらも好き

カフェっぽいのが大好きなので

家に絵や小物を飾って

おうちカフェを楽しんでいる。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


カレンダー

2019年10月
« 7月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。