menu

摂理の大阪大学ブログ

主は心を見られる~詩~

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

<主は心を見られる>

 

見た目やうわべでなく

職業や肩書でなく

どこにいるとしても

何をしているとしても

主は心を見られる

 

どういう心を持っているのか

何を考えて行っているのか

主はいつも心を見られる

(2018.1.15)

 

参照聖句(サムエル記上16章7節)

「しかし主はサムエルに言われた、『顔かたちや身のたけを見てはならない。わたしはすでにその人を捨てた。わたしが見るところは人とは異なる。人は外の顔かたちを見、主は心を見る』。」

 

 

<個性を通して帰する栄光と愛>

 

歌って賛美で栄光を帰します

踊ってダンスで栄光を帰します

楽器を演奏して栄光を帰します

サッカーをして栄光を帰します

バレーをして栄光を帰します

バスケをして栄光を帰します

さまざまなスポーツで栄光を帰します

使命を果たして栄光を帰します

掃除をして栄光を帰します

ブログを書いて栄光を帰します

育児、家事をして栄光を帰します

学校で勉強して栄光を帰します

職場で仕事をして栄光を帰します

 

主の御心の中で

日々それぞれの位置で帰する栄光と愛を

天が受け取ってくださるものとして捧げられますように

(2018.1.16)

 

 

<先生という方>

 

ああ、先生は

ひたすら神様が願っていらっしゃることを

この地上で成して差し上げたいのだなあ

 

全力を尽くして

身も心も擦り切れるほどに走って

 

先生の頭の中には

自分にとらわれる考えがなく

ただ神様の御心のために

いつも全力で走っているのだなあ

 

先生のことを

もっと知ることができますように

 

三位の心情を……

主の心情を……

もっともっと知ることができますように

(2018.1.15)

 

 

生活の中で見たり聞いたりしながら浮かんだことを

詩の形にしてみました。

そのままという気もしますが……^ ^;)

 

最後は鄭明析(チョン・ミョンソク)先生の詩を

一つご紹介できればと思います。

摂理の中でメロディーをつけていて

とても有名になっている詩です。

 

 

<生(せい)>

 

われが 巨木となり 葉をつけ 花咲いたら

蜂や蝶 群れなし 飛んでこさせよう

われが 秋になり たわわに実をつけたら

籠を持ち 背負子を背負って

雲のよう集まるようにしよう

 

急いで深く掘り 水と堆肥惜しむな

あなたの労苦の汗を 夕立のように

頭からつま先まで 流れさせよう

 

その時 歓喜の国を 憎しみ争いのない

その時 幸せの国を われら成す

 

(つづく)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

    • シロ
    • 2018年 1月 29日

    harukoさんの詩
    素直で、まっすぐで
    読んでいる人の心も
    まっすぐにしてくれます^^

    つづきも、楽しみです☆

    • haruko
    • 2018年 1月 29日

    シロさん、タローパンによく行かれたのですよね^ ^
    豊中方面に住んでいましたが、石橋方面のタローパン、何となく覚えています。
    シロさん、よつばちゃん、応援しています~٩( ‘ω’ )و

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


カレンダー

2020年9月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。