摂理の教会に通う大阪大学の学生やOB・OGが綴ります|キリスト教福音宣教会

menu

CGMの大阪大学ブログ

摂理とキリスト教福音宣教会とカルト

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

キリスト教福音宣教会(通称 摂理)はカルトだと様々なところから言われてます。

そんなに大勢の人が悪く言ってるんなら

関わらないのが得策だろう

と思う方が多いと思います。

私自身も、書かれてる悪い噂だけ読んだら

「絶対近づいちゃだめだよ!騙されないでね!」って自分の家族に伝えると思います。

じゃあ、その悪く言われてる事柄は真実なんでしょうか!?

その事柄が本当かどうか

「そうじゃない」と言う人もいるし

「カルトだから気をつけて」って言う人もいる。

ネット上でこの議論は

永遠に続くのかなって思ったりします。

これらを見ながらふと思ったのは

その噂は誰にとって有益になるのか。

悪い噂を流して

お金を得てる人はいないことを祈りますが

摂理という存在を良く思わない方や

摂理にいた時に何かしらの違和感を感じた方々は

悪く言いたくなる時があるかもしれません。

私からここで言えることは

摂理の教祖と言われている

鄭明析牧師については

冤罪であり、潔白だということ。

もうひとつ言えることは

最初は摂理に来て良かったと思う人たちも

仕事や家庭、健康問題など様々に大変な状況があるとき

誰にでも信仰生活が負担になる瞬間があると思います。

楽しんで過ごせているうちはいいけど、

朝のお祈り会、水曜礼拝、主日礼拝に

全部参加しようと思ったら、

健康体でないと難しいです。

勉強や仕事、家庭の事情等で

それぞれできる範囲で参加するので

全員が全てに参加してるわけではありません。

そして、将来の問題。

摂理では、ある程度成長してから結婚しましょうと

薦めているので

10代や20代前半で付き合ったり結婚したい人には

ハードルが高くなります。

自分の将来の夢やビジョンを

ここでは叶えられないと感じたなら

徐々に足が遠のいていくかもしれません。

私自身も上記が原因で

摂理を離れようと考えたことがありました。

じゃあ、今なぜまだ摂理にいるの?

無理をしないことに決めたからです。

朝早く起きれなくても気にしない。

自分の健康が一番大切なのだから。

鄭明析牧師も、

健康を大切にすることを強調されていて

体調に問題のある人に無理やり参加させようとは

なさっていません。

だから、

自分の健康を第一に考えて行動しています。

そして、体だけでなく

気持ち的にも無理はしないようこころがけてます。

真面目な性格の人ほど、

やらなきゃ、がんばらなきゃ的な気持ちになりやすいので

肩肘張らずに、

生活の小さなところから、楽しみを見つけながら

ぼちぼちやろうと

自分に言い聞かせながら生活してます。

人は喜びや、やりがいを感じることほど

疲れを感じにくいから

疲れがたまってることに気付きにくいです。

やりがいある仕事に就いてる人の方が

自分の疲労に気付かず

燃え尽きたり

過労が原因で鬱になることがあります。

仕事だけでなく、

信仰生活も家庭生活も、

楽しくやりがいをもって生きてる時こそ

無理をしないで

様々にバランスをとることで

自分の心や体の疲労をため過ぎずに済むかもしれないし、

自分をより大切にして生きられるかもしれません。

キリスト教福音宣教会(摂理)で伝えたい事の根本は

神様があなたを愛しているということ

神様があなたを大切にするように

自分が自分を大切にすること。

神様の愛の中で

自分を大切にできるようになった人々が

周りの人々を大切にして生活すること。

そのようにして

神様のことも自分のことも大切にして生きることです。

摂理を良く思わない方々も

摂理なんてどうでもいいと思う方々も

摂理は良いところと思う方々も

すべての方々に

神様の愛が心に染み渡り

愛の充足感と

平安を得て過ごされますように。

実はこの世の中で

神様を必要としない人は一人もいない

摂理の鄭明析牧師

天のことば 私のことば より

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


カレンダー

2022年5月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031